キャンプ速報ヘッドライン

事前にみやぎん住宅ローンの審査の流れを知っておこう

事前にみやぎん住宅ローンの審査の流れを知っておこう

宮崎銀行の住宅ローンの審査の流れと審査基準を紹介

住宅ローンのチェックポイント

本記事では、宮崎銀行の住宅ローンをご希望の方に、住宅ローン契約までの審査の流れと、主な審査基準をご紹介しています。

住宅ローンを検討中の方は、是非参考にしてみてください。

審査の流れ

宮崎銀行の住宅ローンには、

  • 事前審査
  • 本審査

の2つの審査があります。どちらも、事前に申し込みが必要です。

ここでは、2つの審査についてご説明します。

事前審査

住宅ローンの本審査前には、必ず事前審査(仮審査)を行います。

事前審査は、希望の住宅を所有者のものにすると決めた時に、申し込むことができます。

無条件に誰でも住宅ローンの審査に通るわけではありません。

もし正式な本審査で肝心な住宅ローンが受けられない事態になると、不動産会社や物件の売主が困ってしまいます。

そんな事態を避けるために、本審査前に仮の「事前審査」があります。

事前審査は、簡易に3~4日程で住宅ローンを返済する能力があるかを確認することができます。

本審査

事前審査が問題なく通ったら、次は必要な書類を用意し、正式な本審査を申込みします。

本審査は事前審査よりも、綿密に調査するので1週間程かかります。

本審査を無事に通過してはじめて、住宅ローンを利用できることになります。

本審査後に住宅ローン契約手続きがなされると、物件の引き渡し時から、住宅ローンが開始される流れです。

審査基準

住宅ローンの審査基準は、様々な項目を総合的に判断しますが、特に審査基準に重要視されるポイントについてご説明します。

年齢

住宅ローン借入時の年齢と、完済時の年齢の両方を考慮し、無理なく返済できるかを判断します。

健康状態

健康状態が良好かも判断要素です。

ほとんどの金融機関は、住宅ローンを利用するにあたって、団体信用生命保険への加入を条件としています。

これは健康状態が悪いと、団体信用生命保険への加入はできないからです。

担保価値

住宅ローンが返せなくなった場合に不動産を売却し、融資した金額を回収できるかを検討します。

購入予定の不動産の担保価値が低すぎると審査基準に不利となる場合もあります。

年収

年収が高い、低いだけに注目するのではなく、総合的に返済に無理がないかどうかを、年収から判断します。

また、車や教育ローンなどが複数あり、住宅ローンに影響がないかも確認します。

多数のローンは、審査には不利となることもあります。

職業

自営業や歩合制など、不安定な職業は審査に不利な場合もあります。基本は安定継続した所得のある方が有利です。

また、雇用形態や勤続年数なども確認します。

住宅ローンのシミュレーション

住宅ローンのシミュレーションをHPで行う女性

宮崎銀行では、住宅ローン

  • 満額快答
  • 住まいるいちばん
  • 未来設計
  • Elena(エレナ)

など、新築・中古住宅購入、お借り換えなどのローンシュミレーションが簡単にHP上から計算できます。

お借入金額、内ボーナス返済額、ご返済期間、ローン金利

上記の4点を入力すると、「毎月の返済金額」を試算できます。

また、総額の「借入金額」を試算することもできます。

毎月のご返済額、ボーナス月のご返済額(毎月+ボーナス分)、 ご返済期間、ローン金利

上記の4点を入力すると、概算が出てきます。

あくまでも試算なので、実際の金額と異なってくる場合もありますが、大体の金額が分かる目安としてみてください。

ローンシミュレーション|宮崎銀行

申込みから融資を受けるまでの流れ

申し込みから、住宅ローン融資を受けるまでの一通りの流れは、下記の通りです。

Step1.相談 来店し相談・仮申込みをします。
Step2.事前審査 仮審査が行われ、審査結果を待ちます。
Step3.事前審査結果の通知 審査結果通知後、審査に通ると正式な申込み手続きに移ります。
Step4.正式申込 正式申込みには、幾つかの書類を提出しなければなりません。
Step5.本審査 宮崎銀行及び保証会社の審査を受けます。
Step6.本審査結果の通知 本審査に通過すると契約手続きとなります。
Step7.契約・火災保険の加入 契約時には火災保険の加入をすることになるので、事前に内容を確認しましょう。

宮崎銀行の住宅ローン商品は4つある

4つを示す女性

次に、宮崎銀行の住宅ローン商品についてご説明します。4つある住宅ローンから、該当するものをお選びください。

いずれの商品も、火災保険と、当行の指定する団体信用生命保険に加入することが条件となっております。

1.満額快答

ご返済期間

35年以内(1年単位)

※固定金利型は25年以内

中古物件の場合
  • 一戸建て住宅は35年以内
  • マンションは50年から築後年数を引いた年数(※最長は35年)

ご融資金額

100万円以上5,000万円以内(10万円単位)で、所要資金の100%以内(所要資金には付帯工事費および諸費用を含む)。

※所要資金は、保証会社が評価する適正価格です。

ご返済方法

毎月元利均等分割返済(ご融資額の50%以内でボーナス増額返済も可能。)

2.住まいるいちばん

ご返済期間

2年以上35年以内(1年単位) <特例50年以内(1年単位)>

※ただし固定金利型は25年以内

中古物件の場合
  • 一戸建て住宅は35年以内
  • マンションは50年から築後年数を引いた年数

ご融資金額

100万円以上6,000万円以内(1万円単位)

ご返済方法

毎月元利均等返済・毎月元金均等返済の2通りから選択可能。

ご融資額の50%以内で、ボーナス増額返済もできます。

3.未来設計

ご返済期間

1年以上40年以内(1年単位)

中古物件の場合
  • 一戸建て住宅は40年以内
  • マンションは50年から築後年数を引いた年数(※最長は40年)

ご融資金額

100万円以上3,000万円以内(10万円単位)で、所要資金の100%以内(所要資金には付帯工事費および諸費用を含む)

※所要資金は保証会社が評価する適正価格です。

ご返済方法

毎月元利均等分割返済もしくは毎月元金均等分割返済(ご融資金額の50%以内で半年毎の増額返済も利用可能です)

4.Elena(エレナ)

ご返済期間

1年以上40年以内(1年単位)

中古物件の場合
  • 一戸建て住宅は40年以内
  • マンションは50年から築後年数を引いた年数(※最長は40年)

ご融資金額

100万円以上3,000万円以内(10万円単位)で、所要資金の100%以内(所要資金には付帯工事費および諸費用を含みます)

※所要資金は、保証会社が評価する適正価格です。

ご返済方法

毎月元利均等分割返済もしくは毎月元金均等分割返済(ご融資金額の50%以内で半年毎の増額返済も可能。)

タイトルとURLをコピーしました